赤毛のシム

シムズ4のプレイ日記。
100%自己満ブログでございます。

AFBK世帯47


ハジマルヨー!(≧◇≦)



早朝…



娘の部屋で本を立ち読みするビダン君。
構って欲しい親心が、彼にこのような異常行動をとらせたのでしょうかね?


暇そうなので…



みんなの朝食を作りたまえ!!



お!
ビッチ起床…って、ビダン君??
ベーコン入りスクランブルエッグを素手で持ってますが??
まさか落としてなんていないですよね?
それをすばやく素手で拾ってなんてないですよね??
ビダン)まままさかぁー。
    この完璧無欠の僕が
    そんなことするわけないだろう?
    アハハのハー。



ベーコン入りスクランブルエッグ完成!
と、同時にミケ起床。
ビダン)さーて、食べようではな…



仕事です!!



ビダン)チッ…。
せっかく作った朝食を1口も食べられないまま出勤したのでご機嫌ななめです。


更に…



ブチと離れたために不安になってます!!
めんどくさい奴だなー…( ̄▽ ̄;)

さて!

そんな嫉妬狂いのビダン君の仕事の評価はというとー?



准看護師の分際で手術をしていたのですが、評価は優秀
むしろそれが良かったのかも??
課題もクリアしてますし、これは昇進が期待されますね。
来い来い♬(´∀`*)昇進♬



では!
本日の患者を見てみましょう!



ウォーター・カーター。
ちらちらとよく見るシムですが、がっつり絡んだことはないですね。


そして…



出た!(゚∀゚)ノノ
常連患者ギャスコ!!(大和世帯)
ダースモール病(勝手に名付けてます)になってます。


それでは、さっそく診察を始めたいと思います。
自作シムの特権ですな。



ビダン)しょうがないシムだなー。
    特別ですよ?
    自作シムでなかったら
    僕のような優秀な准看護師が

    あなたのような貧民を
    診ることはないんですからね?

    自作シムであることを誇りに思え?


右手に感謝しろよ( ̄д ̄)



ビダン)ほら!
    もっと黒目寄せれるだろ?
    病気だからって優しくされると思ったら
    大間違いだからな!

スパルタ准看護師ビダン君。
しかし、忘れてはいけない。
彼は正規ではなく准なのです。



ビダン)で?
    タケルさんの浪費癖は治ったんですか?

ギャスコ)全然。
     毛根が死ぬ度に

     ひどくなっちょるように思うわ。
     病気やろか?
ビダン)どっち?
    浪費癖が?
    禿げが?


ギャスコからサンプルを採ったので



分析装置にかけてみます。



うむむむー…。
まだ診察をしろと…。


おややや!?



マーティン・エミが受付してます!!
出世したなー…(◎_◎;)


チャッラ―――ン!



え、えー…いきなり…(;´∀`)
ギャスコの診察が途中なんだけど…。
断る選択肢とかないんだもんなー…


仕方ない!!
苦しんでるシムがいれば、どこであろうと飛んでいくのが医療従事者であろう!!



というわけで…





来ました。
ここに病に苦しむシムが3シムいるようです。



ビダン君…(´;ω;`)ウゥゥ
吹き出しで分かるように診察半ばで放置したギャスコを気にしてます。
腐っても医療従事者。
コードブルー。
救命病棟24時。
振り返れば奴がいる。


気持ちを切り替え、どんな奴がいるのか見てみましょう。



第1患者発見。
リチャードソン・タカヒロ。
あくびをして外で寝ようとしてます。
ベッドで寝なさい。


続いては…あれ?



ウォーター・カーターでない!?
たしかに手洗い大事…ですが、なぜここに!?


ギャギャ!?Σ(・ω・ノ)ノ!



ギャスコ!?
病院からはるばるやって来たんですか!?
たしかにうがい大事…ですが、なぜここに!?


まさか…ビダン君に診てほしくて追いかけて来たんだとしたら…(;゚д゚)ゴクリ…



なんちゅう忠実な患者ッ!!
誰よりも先に救って差し上げます!!



ビダン)トクトク特ダネ!

    タケルさんの浮気を許す寛大な妻を演じているが、

    本当は許していない。
ギャスコ)ドキ―――!!
ビダン)本当はオサク(マドワシノ世帯)
    しめ上げたいと思っている!
ギャスコ)ドキ―――!!
ビダン)オサクに不幸が降りかかればいいと願っている。
ギャスコ)ドキドキ―――!!



ギャスコ)…先生には、隠し事はできませんね…。
ビダン)口はウソをつけても
    心臓はウソをつけませんから…。
    ま、これでも飲めば?

ギャスコ)ありがとうございます。



ギャスコ)…今から一緒に…
     これから一緒にオサクを殴りにいこうか…。
     YHAYHAYHA…


続いてはー…



ビダン)おら!
    もっと口開けろっての!
    ちょび髭が邪魔してんだよ!

カーター)ふ…ふみまへん…。



カーター)え…これ、ですか?
     治療がこれだけ?
     そんなに効くんですか?
     この薬…?
     一体なんの薬なんです?
     飲んでも大丈夫なんです?
     そして、どこから取り出したんです?

ビダン)さっさと飲まねーと取り上げるぞ



カーター)さすがですね!
     あなたは名医だ!

ビダン)おい!
    聞いたか!?



ビダン)名医だとよ!
    疑ってたくせに治ったら手の平返しだ!
    どいつもこいつも腐ってる!
    そう思うだろ!?なぁ!?

思う思う(;´∀`)


ご乱心ビダン君。
お腹が空いたのか、気分転換したかったのか…
    


いきなりBLTサンドを作り出しました。
まだ1シム患者がいるんだけどなぁ…



ビダン)あーーー!!
    耐えられないッ!!



ブチとウフフ…ブチと離れて不安…
ビダン君の精神が危険です。


そんな不安定な精神状態のまま、次の患者を診察します。
ちなみにBLTサンドはギャスコに食べられました…。



ビダン)さっさと終わらせるぞ!チッ!
タカヒロ)あ、今、舌打ちしましたね?



ビダン)チッ、熱がないじゃないか!
    ぶっ殺すぞ!

タカヒロ)あれー?
     朝はあったんすよ?
     おかしいなぁー…。



タカヒロ)あ!
     そうだ!
     お腹…お腹が痛いんだった!

ビダン)なるほど!
    お前にいい薬をやろう!



ビダン)すっごいおススメ!
    これ飲んだら何でも治るんだ!
    ほんとはタダなんだけど
    お前には特別に100シムオリオンで
    売ってやろう!

タカヒロ)ひゃ…100シムオリオン!?
     そんな金ないっすよ…。

    


タカヒロ)あ、ちょっと待って!
     ママにお金貸してもらえるか聞いてみるー。

ビダン)チッ!
    ママに迷惑かけやがって罰あたりめッ!

おや??
後ろを歩いてるのって…



やっぱり!!
タケル氏!!(大和世帯)
噂をすれば…ですねー。


といったところで…



病院に戻ります。



到着。
同僚のヘルナンデス・クロエかと思ったらリチャードソン・ルーシーというお初シムでした。
だからといって、相手はしないけどね(´_ゝ`)


さて、診察に戻る前に…



食べ損ねたBLTサンドを買って食べます。
ビダン)くそッ!
    僕が作った方が絶対おいしかったのに!

ギャスコに食べられちゃったからね。
食べられたもんはしょうがない(´・ω・`)


ビダン君が遅めの昼食を食べている間に午後からの患者を見てみますとー…



ありゃ?
右のハゲはタケル氏ですね?
ウォーキングしてたんですが…。
まさかの熱中症で運ばれたんでしょうか?
そして、左のはタカヒロですね。
お金が払えなくてビダン君とモルモット契約でも結んだんでしょうか?
そしてそしてー、廊下を徘徊している患者はカーターさん…。



ベッド数が足りなくて廊下で待機してるみたいです…。
待っててー!(。◕ˇдˇ​◕。)すぐ空けるからー!
ビダン)チッ!
    なんでこんなに混んでんだ!

たしかに…(;^_^A


実はなんとなく予感はしてたんです。
タカヒロがいて…


カーターさんもいて…



タケル氏がいるとなっちゃあ…





もちろんいるよね!?
って、わわわ!!
体温計がバチバチなってます!!
ビダン)噛むな!噛むな!



ビダン)噛むな!つってんだろ!?
    何回目の体温計だよ?
    分かるでしょー?

ギャスコ)むぅ…
     バチバチなったん私だけのせいなん?



ビダン)優しくだ。
    やさしーーーっく。
    やさしーーーーっく…
そう!
今度は上手に測ることができました!


なので、



廊下で待つカーターさんのためにもササっと診断しちゃいます!!


ギャスコの診断結果はー



健康です!!
あったりめーだろぉ!?
往診でバッチリ治してるはずだぜ!?
ということをギャスコに伝えます。



ビダン)治ってんのになんでくるのか、
    僕にはさっぱり理解できませんが…。
    医療費もこう、毎日来てたらかさむでしょう?
    節約って言葉知ってます?
    良かったら、節約本、処方しましょうか?

ギャスコ)お願いします…。



ギャスコが帰ったので、カーターさんを呼びま…!?



アリア)よいしょっと。
teamチクリン№003クック・アリアさんッ!!
なぜあなたがッ!?


カーターさんが来る前にアリアさんに診察台を取られちゃいました…。
ごめん、カーターさん…。



カーター)やっと座れると思ったのにー!!
タカヒロ)いやいや、
     僕の膝に乗らないでくださいよー。
カーター)ぐ…むむ…



プシューーーー!!
カーター)すまない…クッ!
     しばらくッ、このままッ…
     ひッ膝を握らせてくれ…
クゥッ!
タカヒロ)いいっすよー、全然。
     これ、
けっこうレアっすね。


プシューが治まると…



また徘徊…( ̄▽ ̄;)
たぶん患者の中で1番重症なのはカーターさんではなかろうか?



ビダン)チッ!
    なぜだ!

    僕が悪者みたいではないか!
アリア)そんなことないですってー。
    どっちかっていうと私の方が悪者ですよ。

しかし、座っちゃったもんはしょうがない。



診察します。
ビダン)口を大きく開けてごらん?
    そう、いい子だー。



アリアさんの組織サンプルを分析装置にかけてっと…。


続いて、



熱を測ります。
ビダン)あー…ちょーと熱あるねー。
    しんどかったでしょー?



耳の検査。
ビダン)大丈夫だよー。
    良い角度だねー。
    見やすいよー。

帰宅時間が迫ってるのでビダン君の機嫌がいいです…。
もうすぐブチに会えるしね。


チャッラーーン!!



時間がないのでさっさと診断しちゃいま…!!



アッチョンブリケーーー!!(◎)o(◎)
昇進です!!
でも…給料、680シムオリオンかー…。
少ねーなぁー…。


チャッラーーン!!



ビダン君の帰宅と同時にブチが老けました!!



ブチ)時の流れを止めてたも…。
でも、全然変わってないですね。



ビダン)マイヴィーナス!
    キミの美しさは
    色褪せないカナダ住宅のようだ!
    マーメイドプリンセスブチ!
    キミが泡になる前に
    この王子に甘い夢を見させてくれ。

ブチ)ウフフ!?
   ウフフってことですえ?



ウフフに向かう2シム…。
しかし、お互い仕事で疲れてるのに大丈夫なんでしょうか?



ビダン)摂政の右手よ…心配はいらない…。
    僕も男だ。
    やる時は…



ビダン)やるのだよッ!!


次回へつづく。