赤毛のシム

シムズ4のプレイ日記。
100%自己満ブログでございます。

OG世帯40

ビリーの浮気のせいで、フレミングの殺気漂うOG世帯。
他のシム達はどのようにして過ごしているのでしょうか?


それでは!


レッツ!ウォッチング!(=゚ω゚)ノ



フヂコとサラちゃんがサマーにベッド下の怪物予防をお願いしてます。
子供にとっては死活問題ですからね。



シュッシュッ。
サラちゃんのベッドOK!



シュッシュッ。
フヂコのベッドもOK!
サラ)サマーマ、ありがとう。



怪物予防が終われば、子供たちにキャンプシチューを作ります。
育ち盛りですからねー。



深夜1時。
今頃、夕食です。
自由だなー…(;´∀`)



うきお)あれぇ?
    フーちゃん、アップルソース食ってんの?

フヂコ)うん…。
    朝、ポテチ食べたやろ?
    夜は甘系が欲しくなってな。

フヂコはよくよく見ていると、あまり手料理を食べないです。
作り置きのがあっても、冷蔵庫からシリアルやポテチ、アップルソースなどの軽食を好んで食べてますね。
手料理がマズいなんて言わせない!


そんなフヂコ。
エイデンに対して、新たな願いが…!!



このぉ、知りたがりめッ!!


叶えてあげたいのですが…。
今や、エイデンは夢の中…(-_-)zzz


持て余した時間を…



シムズに費やします!
オマエもゲーム好きか!


ゲームばっかりやってるイメージのOG世帯のキッズ達…。
意外にも…。



B評価になりましたー!!
ブラゥボー!!(≧◇≦)



小学校は高校に比べると成績UPが簡単な気がする…。
大体、宿題して遊んでれば成績UPしてる(^^♪



サマー)よう頑張ったやーん!
フヂコ)へへッ!



サマー)お父さんに言うたら、ご褒美くれるかもしれんで?
フヂコ)ほんま!?
    やった!

褒めるのもいいけど、早く寝かせたほうが良いのでは?
もう夜が明けたよ?


おや!



エイデンが起きてきました。
でも、フヂコは寝ちゃったんだよなー、これが。
サマー)成績UPしたんやってー?
    すごいやーん。

エイデン)べっつに!
     新しいお母さんができたから、
     頑張ってやっただけだよ!フンッ!

ん?
男の子は照れ屋さんですねー( *´艸`)ムフムフ♬
サマーとダンの結婚を喜んでくれているようです。



正式に双子の母となったサマーは、子供たちを学校に送り出し…。



順調に日課消化。



レベルUP-!!
昇進する気がしまくりなの!!
なぬ?
ケンカの練習!?
これはやってみないと!ですね!(ダン相手に♬)




ん??
なんか…。


ジャブジャブいってない??



やっぱりね!!
水漏れだよッ!!(;゚Д゚)



日課消化が終わり、ブラブラしていたサマーに修理してもらいます。
ふー、やれやれ…(´▽`)額に汗が…


ん??

まだジャブジャブいってる??

まーさーかー!!( ゚Д゚)


次は3階のトイレかい!!
なんなの…!?(◎_◎;)



コバエが飛んでる…。
きったねーけど、まずは水漏れをなんとかしないとー。
ガンバレ、サマー!



水漏れ修理が終わればゴシゴシ。
サマー)そういや、私、
    ここのトイレ使ったことないわ…。
掃除が終われば、思いっきりぶっ放してやりましょう!


あ!
そういえば!
1階の洗面所もまだ汚れてましたよね!?


そこも掃除…ハッ!(゚д゚)!



フレ姉さん!?
フリーで掃除してくれてました!!
さすがっす✨



ギョエーーッ!?
またまたフリーで2階のトイレ修理!!
めずらしいッ!
修理は苦手中の苦手ではー??



しかも、お風呂掃除までやってくれてます!!
まるで…何か、記憶から消し去りたいものがあるよう…です、ね…。



サマー)フレ姉さん、洗面所ありがとうな。
    どしたん?

    顔、怖いで?
フレミング)私の前でビリー、ビリー言わないで!
サマー)え…?一言も言うてないで?



サマー)なんか知らんけど、
    フレ姉さんは1シムじゃないよー。



お?
サマーにハグしてもらって、穏やかな表情になりました!


そのゴミと一緒に昨日の記憶も一緒に捨ててもらえると助かるんですがー…。



そうもいかないですよね。
お怒りごもっとも!


そして、やっと起きたビリーに文句を言ってやるようです!
文句もごもっともです!



フレミング)ねぇ、そこのビリーさん。
      よく普通に生きていられるよね?
      私だったら罪悪感に苛まれて、

      とてもじゃないけど、生きてらんないよ?
      ねぇ?もしかしてさぁ、
      ここに居られること、当たり前と思ってない?
      思ってるよねぇ?

      あのさぁ、全然、当たり前じゃないから。
      私の許可のない者は

      出て行ってもらうから!
      ねぇ、分かる?

      ビリーさんはそれだけのことをしたんだよ?
      ねぇ?
      エルネア世帯に帰っても良いんだよ?
      ねぇ?帰るの?

      帰らないの?どうするの?ねぇ?
ビリー)今更、エルネアに…!?
    (この生活を捨てて!?

     正気でないシムと貧乳と一緒に住む!?
     ムリムリムリ!!
     絶対、邪魔者扱いされるに決まってる!
     行く道に地獄しかない!)


ところが!!
その直後、目を疑う光景が…!?



ええーー!!(゚Д゚;)
ほっぺにチュウしてますやーん!!
どういうことー??
フレミング)ビリーのほっぺは私の物。
      分かった?

ビリー)骨の髄まで了解!
    僕のほっぺはフレミングの物♡
なに?なに?
結局、ビリーを怒ってたけど、それだけ愛しているってことを再確認。
許してやるゾ♡ってこと?
ビリーはビリーで、OG世帯を追い出されたら行く所はどこにもないことを気付かされた。
もう浮気はしないゾ♡ってこと?
そういうことですか??
どうなの!?



その後、出会えば過剰なまでにほっぺにチュウをしまくる2シム( ̄▽ ̄;)
なんか知らんけど…、仲直りしたようですね。
よ、よかった…。



そして、さっそく、今回のことを本にしようとするフレミング。
フレミング)冒頭はぁ…
      私の心の平安はビリーによってもたらされる…。
      これだね。



人気コメディアン、囚われのビリーの妻が書いた暴露本。
売れること間違いなしっすね!


はてさて。
皆様、彼のことを忘れてませんか?
ワタクシは大方、忘れかけておりました。
卑怯な手を使い、スキルUPもせずに画家になった彼。
そろそろ日課消化&スキルUPしないとクビになるのではないでしょうか?



ダン)さぁて、そろそろ描くかー。



絵を描くより体を鍛えるのが好きなダン。
なんで絵描きになんかなったんだッ!
転職させても良かったんだけど、できるだけデフォルトシムはそのままでいさせたいので、このまま頑張ってもらいます。
違和感を感じる職であってもな。



1枚目完成!!
これは…一体…(;゚д゚)ゴクリ…
数学の教科書の表紙に使われそうな絵ですね…。



やっと!!
やっとレベル5!!

次の昇進課題はレベル8!
まだまだ、先は長い…。



ピッカーーン!!
超ひらめいちゃったー!なダン。



絵画の神が降りて来たみたいですね。


さぁ!
どんな芸術が生まれるのか!!



お前は才能なしだよッ!!


ほんとに…なんで画家を目指してるのか、謎すぎます。




そんな謎な男、ダン。



「大人」になりました!!
サヨナラ、怖いものなど何もなかった時代よ…。



ふーーん…。
あんまり老けてないっすね。
サマーにデレっとしてるとこも変わんないしね。
良い事です(^。^)d


とりあえず、日課消化が終わったので…。



ダン)ハイッ!!
ボーリングで遊びます!



ダン)当たった!
   当たったよ!
   ピンが5本も倒れたよ!

新しい才能を開花させるダン。



次はビリー!
ビリー)僕だって!
    お笑いだけじゃないってとこ見せてやるッ!



ビリー)はぁッ!!
はい、お疲れ!
ガーターでっす!!( ̄д ̄)



ビリー)ちょ、まって…もっかいさせて。
ダン)あはははは。
   さすがの囚われのビリーも

   ボーリングの才能はないみたいだね!


と、子供のように盛り上がる大人たちの後ろにッ!!
しれーっとエイデンがッ…!!
ビビったぁー( ̄□ ̄|||)
いつの間に帰って来てたんですか…?



って、あららん??



うきおくんがマーちゃん(キーズ世帯)をお持ち帰り??
もちろん、OKですよ!
あったりまえだろぉ!(≧▽≦)キャー



帰ってきたうきおくん&フヂコ。
フヂコは自分から発せられる悪臭に苦しんでますね。

そんなに自分を苦しめるのが好きかね?
うきおくんは若干、緊張してますね…。


まあ、そりゃ、そうですよねー?
ウキウキウッキー♬♬



なんたって、マーちゃんをお持ち帰りなんだもん♡


だけど…。
寂しそうなサラちゃん…。
ほのかに好きなうき兄が、女を連れて帰ってきたのでしょんぼりです…。



さっそく、マーちゃんと一緒にゲーム!!
やっぱり小学生の頃に女子と遊ぶのと、高校生になって女子と遊ぶのは違いますね。
ニヤニヤが止まりませんッ!

サラちゃんには悪いけどッ!


ピリリリン♬
チッ、こんな時に!



またかよ!?
てか、毎回、毎回、誘ってくるけど、いつもあなたは家にいないじゃない!
いつもヴィヴィアンさんのお相手してるこっちの身にもなってよ!


過ごすかどうかですって!?
青春真っ盛りの2シムを放っておけるものですかッ!


キャンセルよ!!


ってことで、マーちゃんと一緒に宿題ー…。



あれー?
どう見ても、うきおくん1シムで宿題してますよ?
しかも、サラちゃんの机で…。


あ、1シムじゃなかった!



ママがいた♡


どうやら、マーちゃんはフレミングママの圧に負けたようですね…。


で、どこに行ったのかっていうとー?



え!?
あれあれ??(;゚Д゚)
うそ!?

もう帰っちゃうの!?
ちょい、待ちーー
って!!



ゴ、ゴミ箱漁ってる―――!!
マーちゃん)パパが残飯は真実を語る言うてたからな。

さすが…さすがジンの娘…(;゚д゚)ゴクリ…


とりあえず、うきおくんにはサクっと宿題を終わらせてもらってっと。



宿題が終わった後は、ひたすらマーちゃんと友好度を上げてもらいます。
マーちゃん)あたしの誕生日んときの写真、見るか?
      あ、この横におるんがノリ―選手や。

うきお)へー、仲良さげだねぇ。
    もしかして、彼氏?
    もうキスとか済ましたのぉ?

おっと!
うきおくん!
失言では?



マーちゃん)!?
      ノリ―選手とは友達やし…。
      なんちゅーデリカシーのない…。

うきお)いやいや、冗談、冗談!
    (やべぇ!つい心の声がッ!)
    今のなし!忘れて!

    (気まずいッ!)
イイ感じだったのに、気まずくなっちゃいました。
あーあ…(=_=)



うきお)あ、TVでも観ようよ!
    (巻き返せー!)

    さっきのことは忘れて…ね?
    (なんか、話変えてー…えっとー)
    
あ!そういえばさぁ、
    初めて作った料理って何?
    僕、ベーコン入りエッグ。

マーちゃん)……カップケーキ。



うきお)え!マジで!?
    (褒めろ!なんか褒めろ!)
    スッゲーじゃん!
    料理上手なんだねー!
    (OK!俺ッ!)

マーちゃん)そんなことないで?
      ただ、混ぜて型に入れて焼くだけやし…。

うきお)……。(あと一押し…なんか)

    えーっと。
    (あと、なんか…褒めるとこ…。)



うきお)あ!
    マーちゃんってさ、

    皮剝いたバナナに似てるよね?
    (なんとなく…。)
必死に考えたマーちゃんへの誉め言葉…。



マーちゃんに屈辱を与えたことは言うまでもありません。
次回へつづく。