赤毛のシム

シムズ4のプレイ日記。
100%自己満ブログでございます。

ヒヨシ世帯5

「ただ…軽く、
 飛ぶために生まれてきたのだ
     BY草薙水素 ナ・バ・テアより~森博嗣著






仕事から帰ったヴィキ。
ケヴィンを抱っこしてくれてます。
ちょっと安心…。



ケヴィンに絵本を読んであげてます。
ヴィキ)花冠を載せられたウンッ!
     フレミングドラゴンはゴホッ!喜びの余り、
    跳ヴゥンッ!ね回り、執事のビリーを
    踏みッホン!つけてしまいました。
    フレミングドラゴンにヴゥッ!
     踏みつけられたビ…ビリーは
    悲痛の叫びを上げウホン!

     息絶えて…しまったのです…!?
    どななるん!?この話!



悲しいかな…。
1シムで本が読めるようになりました!!
ワ、ワァーイ♬ヾ(´∀`;)ノ



続きが気になるケヴィン。


一方、母は…。



ヴィキ)おいしくなぁれー♬
    
ゥヴンッ!おいしくなぁれー♬
顔、怖ッ…。


どうせ1シムで食べるんだろうと、思ってたら!



なんと!一緒に食べてます!!
しかも話しながら!!
他の世帯では当たり前なこの光景も、ここでは感動の1場面!
さぁ!ハンカチをどうぞ!(=゚ω゚)ノ(´;ω;`)ウゥゥ


そこへヒー君帰宅。
と、同時に、



昇進のお知らせ♬
ワッショ―!!(/・ω・)/


で、やっぱり、



どうせまた、ライムライトのでしょー?



4重の虹ってどななんや…。


気になったので、調べました。
なんと!ニューヨークでそれっぽいのが撮れたとかで、ツイッターで話題になったっぽいです。
しかし、専門家が検証した結果、それは2重虹の光の反射によって、4重に見えてるのだとか…。
だから、本物の4重の虹ではないようです。
が、発生する確率は0ではないようで、見れたらものすごくラッキーだそうです。
うーん…見てみたい(ΦωΦ)ワタシニ運ヲクレ。

ではでは、ヒヨシ世帯に戻ります。



ん?っとー…?
他シム中の他シムではなかったっけ??
初対面で家に遊びにくるとか…。
チャレンジャーだなー…( ̄▽ ̄;)



ややや!?
チビにも誘われちゃいました!
でも…先にタイラーさんをOKしちゃったしなぁ…。
今回は家で祝ってもらおうかな♬



うわぁーー…(;´Д`)ひくわー。
玄関前で恰好つけるタイラーさん…。
チビの誘いを断ったことを猛烈に後悔。
仲良くなれる自信ナッシング。



タイラーさんとマンツーマン!?
そんなのあり得ない!!
すぐさま、チビを自宅へ招待します。
ヒヨシ)タイラーさんが家に来とって、
    クラブ行けれんけど、
    家でワッショイしようで?
    むしろ、今すぐ来いや。

ケヴィン…。
出迎えに来たものの無視されちゃってます。
ああ…心が痛い…。



のび太か!!
さっき誘ってきたじゃん!
もしかして、断ったから気を悪くしちゃったとか?
ふて寝か!?ふて寝なのか!?



しょうがないので、タイラーさんと親睦を深めます。
ヒヨシ)ぶっちゃけ、なんで家、知っとんっすか?
タイラー)以前、道ですれ違ってから、
     ずっと気になっててね?
     気付かれないように
     尾行してお家を知ったってわけ。

ヴィキ)キモッ。
珍しくシム見知りのヴィキも会話に入って来てます。
旦那の危機を察したのかな?



ハグ―!!
他シムに壁を作らないヒー君は、キモ中年にも熱い抱擁をしてやるのです。
ヴィキ)あたしにはゴホッ!せんくせに、
    そんな怪しいオッサンは
ウウンッ!
    ハグできるん!?
ついつい焼いちゃうヴィキ。



ヒヨシ)客シムをもてなっしょるだけやん。
    なんでそんな怒っとん?

ヴィキ)別にケホッ!怒ってないし!
    今、ケヴィンヴォッ!風呂に入れよるけん、
    あっち行ってよ!ゴホン!

愛ゆえに小競り合いしちゃう2シム♡
微笑ましいことー♡( *´艸`)オホホホ♡


ヴィキはケヴィンにかかりっきりだし、タイラーさんとこれ以上、仲良くなる気は更々ないので、



ギターの練習。



歌っちゃいます。
まさかのオンチ…(;゚Д゚)



ヒー君の美声に聴き惚れるタイラーさん。
ところで、それ腐ってますよ?



食うのかよ!!
タイラー)クッサ…!
     (悪臭に耐える俺…!!
      イケてるだろ!?)

勘違いのカッコ良さ…( ̄▽ ̄;)



お腹が痛くなったのか、帰るようです。
お大事にな!( ̄m ̄〃)プークス



さすがのヒー君も、腐ったご飯は食べる気にならないので、Let'sクッキング!



パンケーキ完成。
食べる前から皿洗いのことを考えてます。
そして、緑のモヤモヤ…。



あや!?
こんなくっさい時に限って、ヴィキも一緒にご飯を食べるようです!
ヒヨシ)ちゃうんで?
    防虫剤の臭いやで?
    この服、ずっとタンスに入れとったやろ?
    やけん、こんなくっさいことになっとんや。

ヴィキ)フーーン。



カタン。
ヒヨシ)お前も臭なっとるやないか…。
夫婦揃って悪臭を放ってます♡
ほほえましい♡( *´艸`)

と、ここで仲睦まじい夫婦の時間を邪魔する者が!!



う、うーーーーん…(-_-;)
ウィロー自治会はウィロークリーク在住のシムで固めたいからなぁ…。
(ヴィキはオアシススプリングに住んでます。)
今回は見送りで!
空きがあったら入るかも♬
にしてもぉー、ジンはやっぱキーズの女達が可愛いんですねぇ。
手元に置きたい下心が見え見えです。


というわけで、ジンからの誘いは無視します。



おぅ…。
ステレオがぶっ壊れました…。


ここは男を見せる時です!


ね!?ヒー君!?



って!
妻が直してんじゃん!!…むぅ(-"-;)
ヴィキ)頼れるのは自分のみ。ゴホッ!
なんでも出来てしまう万能な妻…。


で?
ヒー君は…?(。-`ω-)


ああッ!太ももが眩しい✨
その太ももを見ちゃったら許しちゃう♡(≧艸≦)
ダメな手練れの右手ぇんッ!


そして、そのまま出勤して行きましたとさ。チャンチャン♬





ケヴィン)ボク、1シムでオマルできるよ!
ヴィキ)ほんまやな!?
    100%失敗せんって約束出来る!?

むむ!?
ヴィキがピンクのドレスを着ているということはー???



トミー)心の友!
    来てやったゾ!

ヴィキ)ゴホッホー。(いらっしゃーい)



今のところ2シムのみのキーズクラブ。
とっても楽しんでいるようですね。



トミー)花はイイナ。
ベンチに座り、自慢の花畑を眺め…って、ヴィキさん?
どこの何を見てるんですか?



これは会話スキルを上げるチャンス!
ケヴィンがトミーに話しかけます。
ケヴィン)おばちゃん、ワッショーイ。
トミー)ヒヨシに似てきたナ。
ヴィキ)やろ?



ショイヤ―!!
ようやっと、ようやっと、レベル2です!
あ、ハンカチをどうぞ(=゚ω゚)ノ(´;ω;`)ウゥゥ



ヴィキ)この子な?ヴンッ!
    会話レベルがなか
ゴホッなかUPせんの。
    大丈夫やろか?
ウウンッ!
トミー)ヌイグルミを買エ。
    ぬいぐるみに話しかけてたら1シムでも
    スキルUPデキル。

ケヴィン)…どこまでも、コドク…。



トミー)ところで、メグミの輿入れだが、
    いつ頃にスル?

ヴィキ)ドキ―――!!
    そ、
ゴホッ!それは…!!
   
 ウゥンッ!永遠に先っていうか…ゲホン!
トミー)メグミとケヴィンの婚姻が嫌なのカ?
ヴィキ)ドキ―――!!
    いやッゴッホホホォン!
    
ゴホッ!ホホホホなわけで…。
要するに、ヴィキはイヤなのです。



ヴィキ)さ、さー、寝る前にウンッ!
     おトイレ行っとこかー。
    なー?
ゴホッ!
ケヴィン)話変えようとしよるー。



ヴィキ)ウウンッ…。
    (あんな約束せんかったら良かった…。
     なんとかケヴィンの未来を死守せねば…。)


そう決意したヴィキがケヴィンから離れた隙に、忍び寄る魔の手。



トミー)オマエはメグミに惚れてマウ。
    どんなに不細工に成長しようとも
    オマエはメグミに惚れてマウ。

ケヴィン)ボクはメグミに惚れてマウ。
     ボクは不細工に惚れてマウ。

トミーに洗脳されるケヴィン。



ヴィキ)トミィーッ!!
    なんしょん!?
    帰って?
    今すぐ帰んなさいよ!!
ゴホッ!
トミー)フフハハ。
    ワタシを帰してももう遅イ。
    ケヴィンはメグミに惚れる運命ダ。
    運命は変えられないノサ!
    フフハハハハーー!!




ケヴィン危うし!!

果たしてヴィキはトミーの魔の手から愛する我が子の未来を守ることはできるのかーーー!?


話は変わりますが



親子揃ってもうすぐ誕生日です。
祝わねば…。



ヒー君が仕事から帰ってきました。
懲りずにケヴィンがお出迎えです。
ケヴィン)ワッショー。



ヒヨシ)ショイヤ。

おお!
初めて無視されませんでした!



そして、また盗んで帰ってきました。
子供には絶対に読ませたくないですね。



はやややー!?
お久しぶりすぎるおかえりのキッチュ♡
やだ、なに?HOTじゃーん♡


コミュニケーションが少ないので、心配してましたが、大丈夫なようですね。
安心したので、次回からエルネア世帯です。