赤毛のシム

シムズ4のプレイ日記。
100%自己満ブログでございます。

ヒヨシ世帯4

「車、謎の故障!」





なかなか家の中に入ろうとしないヒー君。
怒れる妻に怯えているようです。
大丈夫。
ヴィキは仕事に行ってるっぽいよ( ´∀` )d



ヒー君の帰りを待っているのは…。



ケヴィ――ン♬
デイケアに行っているもんと思ってたのですが、お家でお留守番してました。
オマルも上手にできてるっぽい♬



自分の部屋からあまり出ないケヴィン。
これからの生育が少し不安であります。



ヒー君は今日も休みですが、丸1日寝て過ごすようですね。
確実に夜遊びが効いてんね。


しかし…ですね?
幼児を放置していていいのでしょうか?
夜遊びさせといてなんですが…( ̄▽ ̄;)



あ、起きた。
お腹がすいたみたいですね。



晩御飯を作ってくれるだけ、タケル氏(大和)よりはマシか…。



パスタプリマヴェーラ完成!



ヒヨシ)ケヴィン、家訓言うてみ?
ケヴィン)…ぼく、タンパン…
     はきたない。

ヒヨシ)何!?
    おまッ…それ、どういうことや!?



ケヴィン)はかないもんーー!!
自我の芽生え。



帰ってきました。
今日もお疲れ様ー。


ご機嫌は…悪そうですね(-_-)シーン



わ、わぁ…睨んでるゥー…。


と、ここで救世主からお誘い!



まさかのこのタイミングでハンティントン3世!!



来ちゃった♡
相変わらず、人のよさそうな顔してんなぁ。
ちなみに、ハンティントン3世とは、過去にイイ感じになったことがあり、唇を奪った仲でございます。


もしや…今でもヴィキを想ってくれてたりする?



いきなりヒー君への不満をぶちまけるヴィキ!
挨拶くらいはしようよー…(;^_^A
ヴィキ)ゥヴン!昼帰りやで!?
    信じられる!?
    DJブースとか
ゴホッ!勝手に買っとるし!
ハンティントン3世)苦労してるんだね…。
          あの頃はキラキラ輝いていたのに…。
にしても…ちょっと離れすぎじゃないですか?
スクショしづら…。
    


ヴィキ)あんな奴とゴホンッ!思わんかった!
    憎憎しい
わーヴン!
ハンティントン3世)ははッ!
          まーた、そんなこと言ってぇ。
          分かってるんだよー?



ハンティントン3世)愛してるんでしょ?
ヴィキ)ケホッ!
    ジェイと結婚した方が良かったかも。
    どう?ヴゥンッ!
    今からでも?

軽く誘惑しちゃうヴィキ♡


さてさてー?
気になるハンティントン3世のお返事はー??(ΦωΦ)ドッキドッキ♡



ハンティントン3世)人妻が何言ってんだ!?
          ボクを捨て置いて、何を今さらッ!


でしょうね!納得の拒絶!!
プライドを傷つけられたヴィキは、
ヴィキ)はぁ!?
    ジョ…ゴホン、冗談やし!



ヴィキ)こっちやって、ヴン!そんな空色カーデを肩に
    かけとる奴ゴホホォン!!

    好きちゃうし!
    本気にするんとか、
ヴヴッ!マジひくわ!
    これ以上、ゴホホホホオンッ!といてな!?
    別にジェイにゲホッ!されたけんってヴゥッ!
    ゥゴホホッ!ないし!
    ウオッホホォン!やし!

ハンティントン3世)(…全然、分かんない。)



気まずくなりましたが、帰るにはまだ早いので、仕方なく一緒にスポーツ番組を観ます。
終始、無言…。



ああ!!
ゾーイちゅわん♡
おかえりなさいーん♡



パジャマ姿もキャワイイ♡ぐふッ♡
ピンク好きなんだぁ??
おっと!思わずヘンタイっぽくなっちゃった(・m・ )クスッ



寝顔もカワユイ♡
あ…ヨダレが…( ̄Ч ̄)



ハンティントン3世も寝ちゃいました。
さすがに、このままルーミーズ世帯にいてもつまらないので帰ります。
結局、気まずくなっただけだったなぁ…。
何が目的で呼んだんだろう…。教えてテルミー。



帰った途端、



腹減った―!
飯食わせ―!!
ってなってます。



ヴィキ)あたしが思ってた結婚生活と違う…。
ほんまんな。
お帰りのキッスもしなくなってるしね?


でも、まだ子育てに協力的だからいんじゃないの?



ほらほら。
ケヴィンの相手をしてくれてるよー?
オマルは掃除してくれないけど…(~_~;)


た、確かに…夫婦の会話は…ナッシング…ではあります。



うーむむむ…大丈夫かな?
この2シム…。



家庭内別居はしてないみたいだけど…。



結局、今日1日、両親から一言も声をかけられなかったケヴィン。
ヤバくない?
ヤバいよねぇ?



ダンシンー♬
1シム遊びも板についてきましたね♬
あ…ら?
これって喜んでいいのかしら?

ちなみに、ケヴィンのスキルを見てみますと…。



会話レベルがかなり低いです…。
あきらか両親とのコミュニケーション不足っすね…。



ケヴィン)コドクはボクのともだちさ…。
もはや親友だろ?
本日、初めて自分の部屋から出てきました。



黙々と1シムでご飯を食べてます。


このままでは社会不適合者になる予感がビンビンするので、ここは通りすがりのシムの力を借りて、会話レベルを上げようと思います!

手練れの右手発動!!
ケヴィンを救えー!!



って…えぇーー…( ̄▽ ̄;)マジで!?
普段、家の周りにはわらわらと通りすがりのシムがいるのに、今日に限って1シムもいません。
ケヴィン)なんだよ…バーロー。


ぃヨッシ!
これで特別な特質がもらえるはず!ですが…。
今は喜べない…。
彼のロンリーハートが泣いている…。



ギョギョ!!(;゚Д゚)
誰もいないのに笑いながら手を叩き出しました。
今、手練れの右手は恐ろしい光景を見ています…。

とりあえず、手を叩くのを止めさせて、強制的に部屋に戻します。



積み木遊びでもしていてもらいましょう。
自主的に動いたら怖いことになっちゃうから…。
おや?
早くも金のことを考えています。
彼が信じられるものはすでに金のみなのかもしれませんね。
おいたわしや( ノД`)シクシク…



おおおおはよう!!Σ(´∀`;)
ヒー君がやっとケヴィンの元へやって来ました!!
ウエルカム!青い髪の天使―!!
早く!
彼のささくれだったロンリーハートを抱きしめてやってくれぇぇぇい!
ってえぇぇぇ!?



ご飯を作り始めました…。
たしかにケヴィンに食事は必要ですが、今は何よりあなたの愛が必要なんじゃないんですか!?



ヴィキも起きてきました。
昨夜とは打って変わってご機嫌です。



出勤時間ギリギリに起きて来たので、朝食抜きで仕事に行きます。
いってらっさい。
帰ったら息子を抱きしめてください。



あれ?
帰って来た?



あ…仕事に行った。
何してんの?



家の前でギャスコ(大和)とクララさん発見!
なーんかギャスコが自慢してますねー?


一方、ヒー君は、



同僚のチビに電話をして友好度を上げます。
で、まだまだ時間があるので



ミキシングの練習。
ケヴィンは親の愛を知らないまま就寝中。



ワッショ―――イ!!
さすがスピンマスターのニューフェイス!!


そうだ!
せっかくだからクラブメンバーを招待しましょう!




あ、あのー…。
子供部屋でドタバタ踊るのやめてもらえますか?
ケヴィンが寝てるんですよぅ…(・´з`・)



ヒヨシ)おおー。
    リーダー、ノッとるやん。



またしても、ワッショー!!
スキルUPが順調です!



ダンスフロアをドミニックが占領しているので、ホワキンとキャンデイーちゃんが踊れずにいます。
ホワキン)リーダー、ズルいっすよー。

仕事の時間が近づいて来たので、一旦、クラブは解散!



ヒヨシ)実は俺も踊りたかったんよな♬
それは気付かなくて悪かったね。



ケヴィンに「行ってきます」のキッス♡
次は起きてる時にお願いします。