赤毛のシム

シムズ4のプレイ日記。
100%自己満ブログでございます。

キーズ世帯36

嫌いじゃない振りをするから老ける」




今日もヒヨシは休みなので、



野郎ども、集まれーーー!!



早くもブラザーになったジャック。
オシャンティーなじじいです。



ドミニックがダーツをしてます。
今日は、今日こそは、ヒヨシもダーツをしたいと思います。



順番待ちしているメンバーの前に割り込みます。
ヒヨシ)上手いシムの後やったら恥ずかしいけん、
    先やってもええやろ?



緊張の1投目。



残念!的外!



2投目。



これまた残念!!



ヒヨシ)うまく出来んかったぁ…。
    クッソ。
ジャック)残念だったな、兄弟。
ミラ)うーーん。
   フォームはいいんだけどぉ…。


1本も的に当たらなかったので、



べらぼうに怒ってます。



お手本を見せてくれるジャック。
しれーっとミラさんの前に横入りしてるし…。



なんだよ!💢
おめーも的外かッ!!
手本もなにもあったもんじゃねえ!



ミラさんを押しのけて渾身の一投。
ヒヨシ)ていッ!
ジャック)お!イイ感じ!!



………。
床に刺さってます。
お前の的はそこか!?ええ!?



気を取り直して、懲りずにまだ投げます。



お!!
なんとか的に当たりました!!


ヒュ――――♬
気分が乗ってきたところで、



クラブリーダーのビョルンさんにやめるように説得します。
ヒヨシ)俺にリーダーさせてもらえませんか?
    ワッショイ!




気を悪くさせた上に、失敗しちゃいました。



そうですね、よく考えてみたら、新入りが何言ってんだってことですよね。
とりあえず、今は大人しくしておいて、機会があればぜひ、リーダーから引きずり落としてやります!



クーデターを起こすのは、的の真ん中に当てた時だッ!



今は下がった友好度を上げるため、ビョルンさんとボードサッカーをします。



勝ちー!
へっへっへ。



そして、負けー。
生まれたてなので、子供みたいに怒ってます。



ビョルン)やるね、ヒ―くん!
     ダーツはあんまりだけど、こっちは上手いね!

ヒヨシ)そっすか?
いい奴なので、リーダーから引きずり落とす決意が早くも揺らぎます。



ビョルンさんとトークして、粗探しします。
ヤな奴だな…。



まず、ヴィキとトミーの同僚だったことが発覚。
そして、見つけた粗。
不精者。
故に、ゲップもするし、屁もこくんだろう!?
そんなリーダー、みんなイヤだって思ってるはずだぜ?
そんで、どこからくるのか、みんなに愛されているという、その自信!
その自信が命取りになるってこと、教えてやんぜ!


クラブリーダーはこのオレ!!


ヒヨシ様だッ!!!



ヒヨッコヒヨシのクラブリーダー下剋上。


つづく…ワッショイ。




さてさて、バーでは…。



タケル氏参上!
ああ!あれはッ!
ススススピン・マスターのッ!!



ベーア・キャンディーじゃないですかッ!!!!
すっごくお近づきになりたいシムなんスよー!!


スピン・マスターに入会できるのは一流ダンサーだけなんですよー✨
すぐ入会とかできなくて、ダンススキルはもちろん、DJスキルも必要なんですー✨
憧れるゥー✨



おや…。
平常心でチビ発見。



ケチなシム!?
失礼な!!
定価で十分だぜ!



ヒヨシ)マスター。
    俺にも1杯。
    いや、2杯。

ここぞとばかりに頼みます。



ジーノ)おやじ!
    俺にもくれ!

ヒヨシ)(野蛮なやっちゃ…。)



気付けばケチな奴らがカウンターに集ってます。
ヒヨシ)俺、別にケチちゃうんすよ。
    どっちかいうたら気前がええほうで。

タケル)分かる、分かるー。
    たまたま、来たら半額やっただけやんなー?
ヒヨシ)そうっす。
ジーノ)ゴクゴクッ。



ジーノ)え?
    俺、半額じゃねーと飲みに来ないぜ?
    定価で飲もうって奴の気が知れねー。
    オメーらもぶっちゃけそうなんだろ?

ヒヨシ)俺はちゃうっすわー。
タケル)俺も。
ジーノ)言っとくけど、半額になった途端、
    カウンターに来たのって俺らだけだかんな?
    丸分かりだぜ?

ヒヨシ)分からんっすわー。
タケル)俺も。

だらだら飲んで、帰ろうかなーと思ってたら、



ミラさん!?
いつも優しい眼差しでヒヨシを眺めていたのは、そういうこと!?



ヒヨシ)自分、未経験なんで、優しくお願いします。



1度は来たかったブラフス。
左上に見えるのはプールですかね!?
素敵な場所です♬



ビョルン)言っちゃお♬
     言っちゃおーっと♬

ジャック)リーダーッ!
     頼むからミラには言わないでッ!

なんだ…。
こいつらも一緒だったのか。
なんとなくホッ…。



ドミニックが飛び込み台に立ち、



ドボンッ!



ヒヨシ)俺も♬ドボンするー♬
ビョルン)どっちが先にプールに着くか、
     競争だ!!



ビョルンさん…。
浮いてこれんのかな…?



みんながここへ入っていったので、ヒヨシも続け―っとクリック。
そしたら、「家に帰る」そう…。
あいつら、ヒヨシを置いて帰っていきました…。
それが、お前らのやり方かーッ!!



ふて寝しちゃうヒヨシ。


まぁまぁ、そう気落ちしなさんな。
コミュニケーション不足の婚約者、呼んでやっから。



寂しさを携帯ゲームで埋めてます。



てええいッ!!
そんなスーツ脱いじまえ!!
ここは自由の地、ブラフスだぞ!?



スーツを脱いだヴィキ。
泳ぎまーす!!



と、ここでこんなのが出たので…。



誘ってみます。
ヴィキの乳が…。
おっぱい体操の成果がナッシングですやん!



二度返事でOKをもらいました。
ヒヨシ)俺、初ウフフやぁ。
    初めての時は布団の上が良かったなぁ。



ほんとに茂みでウフフしちゃってます。



花火まで上がってますね。



出てきました。



ん?
そういえば…子作りって書いてました?



あ、結婚しなきゃ。



2シムだけの結婚式。
しかも、ブラフスを貸し切って。



薄暗くなってきてロマンチックな空気が漂ってます。



しかし、残念なことに式が終われば、ヒヨシは確実にこの指輪を売りさばくはずです!
ワッショイ。



誓いのキッス♡



おめでとーーー!!



新妻が冷たい石のベンチで横たわってる間に



なんか火が点けれるらしいので、点けてみます。



わわわ!!
ヒヨシの手がぁッ!!手がぁぁぁぁッ!!!



運よく全身に燃え移らなかったので、再チャレンジ。
今度は気を付けてくださいよー。



どんなもんだい!
得意げなヒヨシ。
ワッショイ。



この火でBBQとかできるのかと思ったのですが、火の勢いがすごいので無理っぽいですね。




というわけで、



ただ見てみる。
一応、新婚なので寄り添ってみました。



くすぶる火も、ただただ見てみる。
ワッショイ。